Seminar

高度ポリテクセンター  能力開発セミナー : 見て描いて理解するプラスチック射出成形品設計 
2020.10.07

製品設計に携わる方を対象に高度ポリテクセンターで行われている、能力開発セミナー「 見て描いて理解するプラスチック射出成形品設計 」という3日間のセミナープログラムの中において、商品開発と工業デザインのセミナーを行いました。デザイナーと設計者がそれぞれの専門性を活かして、ユーザーにとって魅力的な商品を一緒につくることを目指したセミナーです。


< 内容 >

1. 商品開発と工業デザイン

   ① 設計とデザインの関係

   ② デザインプロセス

   ③ デザイナーとの協業

2. デザイン実習

   ・グループワーク

   ・個人ワーク


まず、商品開発と工業デザインの座学で、商品企画全体のプロセスとデザインのプロセスの知識を得ていただき、その後にデザイン実習で実際に手を動かしながら、デザインのプロセスを体験していただきました。

 

デザイン実習では、より良い設計を行うために、企画・デザインの過程を体感することを目的とし、デザインのプロセスに沿ってペットボトルキャップ ストロータイプの新商品開発を行っていただきました。

 

実際に商品を使用していただいたり、競合製品を見て触っていただいたりして、感じたこと考えたことをまとめながら、新商品のアイデアを提案発表していただきました。

 

日時:2020年10月12日(月)10:00 - 16:45

会場:高度ポリテクセンター

対象:企業の製品設計者、金型メーカーの新入社員等

Copyright © Chiba Design Network. All right reserved.